This Category : プチエッセイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

お父さんのリレー

体育の日です!

3連休にするため、成人の日や、敬老の日などの設定が毎年ずれるようになって、早数年。
でもやっぱり 体育の日って10月10日がよく似合う気がします!!

で、運動会ですよね~~!

足が速かった私は、もう運動会が1年間のなかで一番好きな行事!
両親共に速かったのだから そりゃ当然!!

と思ってました!
弟の運動会で父兄参加のリレーを見るまでは…

まずはクラス対抗母親リレー!
昔 市の代表選手だった母は、出場が決まった日から、小学校のグランドで朝練をはじめ、ぶっちぎりの速さで グラウンドをかけぬけ、同じクラスのお母さんたちから盛大な拍手を浴びました。

んでもって、クラス対抗父親リレー!
弟のクラスの1番手のお父さんは 裸足でのスタート!
見る見る間にほかのクラスを引き離しかなりの差をつけて、わが父は2番手の登場です!

こりゃ~~さらに差を広げて間違いなく優勝だあ!

と思った瞬間、我が目を疑いました…
「お父さん何やってるの?」
その姿は、「走る」と表現するのがちょっと無理な感じ。
それはまさに、いなばのしろうさぎが、サメの背中の上をぴょんぴょんとわたるが如し!


「ええええええ???」
みるみるうちに その差は縮まり、順位を一つ下げ、二つ下げ…。
園児たちの「がんばれ~~」という無邪気な声と、大人たちの笑いをこらえる表情の中で、必死に走る父!
あ~~!最後の一人に抜かれずにバトンを渡してくれ~~!と思ったその瞬間

ざざ~~~~っ!
という音とともに、引田天功の如く姿を消した父!

イ、イリュージョンです!!なわけなく
そう、転んだのです!!
バトンを渡す直前に…

これには、もう大人たちも耐えることができなくなり、園庭中から笑いが沸き起こりました!
私たち家族は 走り出した時点で 笑い始めていたので、もう ドリフでも笑ったことがないくらい腹を抱えて笑い、息継ぎもできず、笑い死ぬんじゃないかと思ったくらいでした。

服を砂まみれにして帰ってきた父は、一目瞭然で引田天功の如く消えたお父さんだと皆にわかり、大きな拍手をもって迎えられたのでした。
ちなみに、ズボンはおしり部分と ひざ部分が破れ、当然ながら流血しておりました!

あれ以来、父は二度と足が速かったとは言わなくなりましたとさ!
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : プチエッセイ |

父がいない父の誕生日

今日はケーキを買って、実家の母と食べたいと思います!
4月に父が他界して、初めて主役がいない誕生日を迎えました

ちょうど半年かぁ…
なんだかずいぶん前のことのような気がします。

プラス思考の松並家は、素晴らしい旅立ちを果たした父に大きな拍手を送り、その後も元気に暮らしてます

親を亡くしてみるまでは想像がつかなかったけれど、子供って片方の親が残っている以上、生きている親がいかにその後の人生を充実したものにできるか…と考えるので、悲しむ暇がないものなんだ…と思いました。

父がいなくなったことによって、母まで心身の健康を損ねてしまっては大変…
父もそれは懸念していたことでしょう…

母はこの半年で、長く続けている水泳にも復帰し、1年間お休みしていたサークル活動を再開したことで、その仲間たちと旅行に行ったり、体育館にスポーツをしに行ったり、様々な講座を聞きに行ったり…
また新しくカラオケサークルにも参加するようになりました。

父がにんにく等の香りがきついものが苦手だったため、焼肉というものを食べに行ったことがなかったのですが、母は最近、近所にある安楽亭にはまっていて
これはお父さんより長生きしなかったら、味わえなかった!」と冗談めかして言っています。

父が亡くなって良かった…と思ったことなんて、もちろん一度もありません。
でも、いくら悲しんでいても、父は帰ってくるわけではないし「お父さんが生きてたらできなかったね~!」なんてことを見つけて、仏壇の前でほくそ笑んだりしてみるのも、我が家流の供養だったりします。

それでも父の部屋は、まるで生きていた時のままになっています。
6DKもある実家に、母と猫だけなので、あえて片づけてしまう必要もないわけです。
読みかけの雑誌も、父が読んでいたそのままに開かれていましたが、先日遊びに行った時に「いい加減、次のページを読ませてくれ!」って言ってるかもよ…とのことで、1ページめくってきました。

部屋に入ると、今も父の香り…というか気配が残っています
時計からは、父が設定した時刻にメロディーが流れてきます

亡くなる2週間前に、猫の1歳の誕生会をやりましたが、その時同様、今日もケーキと聞きつけて、とんとんと2階の部屋から降りてきて、参加すること間違いなしです!

お父さん!お誕生日おめでとう!
>> web拍手
CATEGORY : プチエッセイ |

ひと月

枕花枕花ひと月後






玄関に飾ってある父の枕花も、花がなくなり、すっかり緑になっている。

父が亡くなって1カ月が過ぎた
毎日の生活の中で、何かの拍子に父がいないことを忘れて、
「あ!これはお父さんに聞こう!」と思ってしまい
「そうか…もう聞くことはできないんだなぁ…」と思ってしまうことが何度かあった。

父は昔パイオニアに勤めていて、本当にオーディオが好きだった
父の部屋のオーディオ機器は、独立したMDやCDやミキサーなどが、わかる人には使い勝手のいいようにつながっているのだが、興味のない人にはわからない仕組みになっている。

父は、命の期限を区切られてから、母に様々な電化製品の使い方の講習を行っていたけれど
これは覚えなくても、美佳ならわかるからやってもらえばいい」と、最初から教えなかったらしい。

入り乱れたコードを手繰っていくと、実に計算されていて楽しくなってくる。
いちいち感心している私に、母も
「わかる子がいて、お父さんも喜んでるだろうね」と言っているが、私も父の意図を一つ一つ紐解いていく気がして、父と交信している気がしてしまう

そんな中、
「あれ?これはどうして一旦この機械を通しているのかなぁ」と疑問に思った時、絶対意味があるだろうし、父に聞きたくなってしまうのだ。
母と「お父さんに電話してみる?」と冗談で笑いながら、本当に尋ねられないことが残念で仕方ない…

父が亡くなってからのひと月で、最も大きな感情は、「悲しい」とか「さびしい」とかではなく、とにかく「残念」だと思う。
>> web拍手
CATEGORY : プチエッセイ |

ご報告

今朝、父が永い眠りにつきました。

…という表現でいいのでしょうか?
眠ってなどいないような気がします。

多分、1年半前に20歳で亡くなった愛猫「ニャン」と再会を果たし、今、いきいきと別の世界で生活を始めた気がします。

昨年の5月の癌発見から、私たち家族はとても有意義な時間を過ごしてきました。
父の思い出話で、亡くなった当日の今日ですら楽しく過ごせたのは、父にも私たちにも悔いがないからだと思います。

落ち着いたら、病気の経過や、この1週間の最期の笑い話など、アップしていきます。

ブログを見ていただいている友人の皆さん
お一人、お一人にご連絡できずにすみません。
通夜・告別式は、ごくごく近親者のみで行う予定です。
どうぞお気遣いなく。

そして
おとうさーん!たっくさんの楽しいエピソード、ありがとねー!!
>> web拍手
CATEGORY : プチエッセイ |

おとう!今日は何の日?

今日は母の誕生日!
父もきっとわかっている!と思う。

昨日、父は強い痛みどめを打ち、私たちが面会に行った時は、かなり意識が低下。
とはいえ、自分で上半身を起こし、意思の疎通もはかることができ、話しかけると朦朧とした中でも、YES、NOを伝えてくれる状態だった。

でも、会話はできなくなってしまったのかな…

と思ったら、担当の先生がいらっしゃると
「痛み止めは、1本打ってもらいました。ただ、やっぱり意識がもうろうとしますね…」
えー!しゃべれんじゃん!
思わず、つっこみながら、なんか嬉しい気持ちになって、クスクスと笑ってしまった!

可愛くて優しい看護師さんたちにも同様!
結構、はきはき喋っている。
これが松並家に伝わる外面の良さか!(私も受け継いでる!?)

それから…なにが起きたのか知らないけれど、廊下で女の人が
「おとうさーん」と少し焦った感じで呼んだとき
いきなり顔がしゃきっとして、隣にいる私の顔を「何?」と見た。
「私じゃないよ!廊下廊下!」

緊張すれば、まだまだしっかりしている。
「お母さんが転んだ!って叫んだら、廊下まで走れそうだよ!」
「嘘ついてみたりして!」
と、母と笑った。

母は、「お父さーん!4月3日!何の日かわかってるよね~?」
と、毎日繰り返し、
「お前のあれだ…誕生日だ…」
と、何度も言わせている。
昨日は、話すのが面倒なのに、もうわかってるよ~といった感じだった。

今日もこれから面会。
意識はあるのかな…
強い痛みが来たら、次は意識がなくなってしまう強い薬を使うことになっているから、会ってみないとわからない。

でも、意識がなくても、こちらの話は聞こえているとのこと。
昨日もとっても気持ちよさそうに、苦しくなさそうに寝ていたし、また枕元で母とプチ母娘漫才で父を心の中で笑わせてこよう!
>> web拍手
CATEGORY : プチエッセイ |

前向き

昨年の5月に長くない余命を宣告されてから
本当に元気に過ごしてきた父。
先週の金曜日まで、車の運転までして出かけていました。

週末から急に悪くなり、月曜日に入院…
今日は酸素の吸入をしないと、呼吸が苦しくていられなかったようです。

病気に対して、本人も家族も本当に前向きに接してきました。
でも、どれだけ前向きでも、どうしようもない時はやってきてしまうのです。

ただ、今日も前向き。

人は生まれた日から、確実に死に近づいています。
どんな命も、必ず終わってしまう。
いかに旅立つのか…どう見送るのか…
そんなことまでも普通に話し合えたのは幸せです。

泣いて過ごす一日より、笑っている一日の方が
絶対に得をしていられるはず…
それに、前向きに生きるだけで、命って延びるんだよ!本当に…
尊敬する父が証明してくれました。

だから明日も笑顔です!

>> web拍手
CATEGORY : プチエッセイ |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。