This Archive : 2007年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

柴田くんと再会!

最近、懐かしい人との再会続きだが、またまた中学時代の友人と再会してしまった。
子供の授業参観で…

その人は中学2年の時、ずっと隣の席。
お目々ぱっちりでとっても可愛らしく、卒業時私より背が低かった男の子だ。
彼は一般の人ではないので、名前を出してしまって構わないと思うのだが…(許可はとってない)、サッカーのヴェルディユース監督の柴田峡氏

どうも娘の同級生のパパに、サッカーの監督さんがいるらしい…というのは、何年も前から聞いていた。
私もJリーグの仕事をしていたので、会ってみたいなぁ…などと思っていたのだが、それがなんと昔のクラスメート。びっくりだ!
それに気がついたのは、丁度1年前だったのだが、子供同士のクラスも違うため、全然会えなかった。

今日、遠くから彼を見かけたとき、クリクリした目が当時のままだったのですぐにわかり、大声で声を掛けた。
彼も、お母さん達の中に松並がいるらしい…というのは気づいていて、すぐに「おーーー!よくわかったなー!」とニコニコと私を見下ろした。
大きくなっている!あんなにちっちゃかった柴田くんが…学年で唯一ボーイソプラノのまま卒業したのに、声変わりもしているじゃないか!!
思わず「大きくなったねぇ…」と親戚のおばさんみたいなことを言ってしまった。

もうそこからは、小学校の廊下で機関銃のようにしゃべりまくった。
中学時代の思い出に加え、サッカーの話もある!
私は浦和レッズのレポーターをしていたのだが、当時レッズの第一線で活躍していた選手と、柴田くんは大変仲良しだったようで「福田が…」「田口が…」と、懐かしい名前が飛び出し、その度に私は「えー!」「うそー!」とすっとんきょな声を挙げた。
また「私、国立でトヨタカップの場内アナやったんだよ!」と、仕事の報告をすると、彼も「まじー!?」と、私に負けず劣らずの奇声を発し、そりゃもう大騒ぎだった。

短時間で話が尽きるわけもなく、当然「今度飲もう!」ということになった。
地元に住んでいると、これがいい!
これからも、昔の友人と再会する機会が増えていきそう…楽しい仲間がいっぱいである。
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

向井亜紀さん

今夜、向井亜紀さんが代理母出産の体験をつづった自叙伝のドラマ「会いたかった」が放送される。
我が家には、「会いたかった」「16週」をはじめ、向井さんの本が多分全て揃っている。
実は、主人と向井さんは中学時代からの友達で、実家同士は歩いて1分、何年か前に大規模な同窓会を開いた時には、二人で司会をしたという仲良しである。
私も何度かお会いした事があるが、いつ会ってもパワフルで、笑顔がひまわりのように明るくて、さっぱりとしていて、「みかちゃーん!」と呼ばれただけで、元気をもらえるような気がした。

以前、向井さんと、主人と、中学時代のクラスメート数名で新年会をした時「今年は子供が欲しい!って子作り宣言してた」と聞き、レギュラーの仕事もあって大変だろうけど、早くお子さんができるといいなぁと、心の中で応援をしていた。
あの癌告白会見の年の1月だった。
だから、主人は勿論だが、私も大きなショックを受け、テレビの前で呆然として会見を聞き入っていた。

その後の話も、飲み会での裏話含め、主人から聞いていたので、赤ちゃんが誕生した…と報道で知ったときは、私も心から嬉しく思った。
今日の放送もとても楽しみにしている。

さて、向井さんの著書の中に、うちの主人が登場した事がある。
向井さんから「書いたよ」とだけ聞いて、内容はよく知らなかったので、主人は「何が書いてあるのか!」とわくわくして買いに行き、得意気に「俺のこと載ってるらしい」と、家族の前で読み始めた。
なにせ、ごくごく一般のサラリーマンなので、本屋さんで並んでいる本の中に、自分が出てくるという経験なんて全く初めてで、それはそれは誇らしげ!
であったのだが、なんだか慌て始めた。
「俺、こんなこと言ったかな…」「えー、こんなこと言ってないよー」と、なかなか見せようとしない。
どれどれ…と本を取り上げ読んでみると、主人が向井さんにこぼしたであろう生活の愚痴が書かれていた。
私がそんなこと全く気にしないタイプであることも忘れ、何故だか主人は一人うろたえていた。
向井さんだって、とっても賢い人だ。私の性格がメソメソ悩むタイプだったら、そんなこと書いたりしない!
私は何度もその部分を朗読して「こんなこと言ってる訳ね」と、おおいにからかってやった。

そんな不満が言えるのが友達
家庭なんて不満があって当たり前で、特に私は優等生なタイプではないから、普通の人が生活の中で20%相手に不満があるとしたら、わが夫は少なく見積もっても80~85%くらいは不満であろう!
これからもおおいに友達にぶちまけてくれて結構なのだ。
特に向井さんは、私も大好きな人。
双子ちゃんの子育てと、お仕事、またご自分の健康管理に、高田さんのジンギスカンのお店(メチャメチャおいしいらしい!)と、色々お忙しいとは思うのだが、暇があったらバンバン飲みに行って、楽しい時間を過ごしてもらえればと思う。
そのためにも向井さんにはいつも元気で、お酒も飲める身体でいてもらわないと困るのだ。
心から健康を祈っている。
「向井さ~ん、時間があるときは、また誘ってやってねー!」
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

インフルエンザがやって来た!

私はこれまでインフルエンザというものにかかったことがないのだが、今、最大の危機に立たされている!
我が家に強力なインフルエンザの菌がやってきてしまったのだ。

土曜日、私の母も含めた家族4人で幕張メッセに行ったのだが、主人の様子が朝からおかしかった。
帰ってきて熱を計ったら39度2分!
日曜日に休日急患病院に行くと、A型インフルエンザとのだった。(予防接種もしていたのに!)
母も娘も予防接種をしているのだが、私だけは受けていない。
うつったら重くなりそうだ…

娘は幼稚園年少から7年間続いている欠席ゼロを途切れさせたくないし、私は木曜日にサークルジャックのロケを控えているので、絶対にうつりたくない。
母も予防接種は受けているが、糖尿病の気があるので、うつると重くなる可能性がある。
具合が悪い中、家族サービスも兼ねて、無理して運転した主人はバイキン扱いを受けることとなった。
今日は会社を休んでいるのだが、マスクをはずすな!物を触る前には除菌の石鹸で手を洗え!傍によるな!起きてくるな!と、優しい言葉の一つもかけられぬまま隔離されている。

でも、土曜日、何時間も狭い車に4人で乗車し、窓を開けることなく数時間を過ごしたということは、その時点でうつっている可能性は高い…
潜伏期間はどのくらいなのだろうか???
せめてサークルジャックのロケ終了までうつらないでいたいのだが…
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

洗濯機のない生活

今朝、洗濯中にゴゴゴ!と変な音がして洗濯機が止まってしまった
もう一度スタートボタンを押すと、一生懸命働こうとしている様子は感じられるのだが、またゴゴゴ!
もう13年使っているから壊れても当然なのだが、突然この便利なものがなくなると困る。
運が良かったのは、ここ数日暖かかったため、厚手のものが少ないことだが、それでも大変だ。
洗うのは大して苦にはならないのだが、問題は脱水
どうやっても手で絞るのには限界がある。
もうへとへとになってしまい、大好きなダンスも休んでしまった…
当然、手は洗剤でガサガサになり、これが何日か続いたら悲惨なことになってしまいそうだ。
今、先週末に入った広告を見て購入機種を検討中!
私は乾燥機より外に干す方が好きなので、本格乾燥付でなくてもいいため、7万も出せば十分希望の品が買えそうだ!
購入して届くまでの間、手洗い生活が続くことになるのはきついけれど、家電好きな私は電気店回りをして検討すると思うだけでワクワクし、それを乗り越えられそうな気がする。
長期戦の可能性もあることだし、後で百均にでも行って、洗濯板でも買ってくるか
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

10歳の記念「二分の一成人式」

小学校4年生になる娘の学校で、10歳を祝って「二分の一成人式」というイベントがあった。
クラス単位で行われ、担任の先生が司会、お客さんは保護者である。
1週間ほど前に、子供達手作りの招待状が届いた。二分の一成人式招待状文章は先生が黒板に書いたものを写したとのことだが、先生や子供達の意気込みが伝わってくるようだ。

当日も、黒板に式次第まできちんと筆で書かれたものが貼ってあり、なにやら厳粛なムードが漂っている。
机は全て廊下に運び出し、子供達は男女にわかれ、姿勢を正して、卒業式同様に並べられたイスに座った。
「ただいまより、2分の一成人式を行います」
担任の先生の声が響き、「起立、礼!」の合図で、生徒・保護者の全員がお辞儀、CDから、卒業式と同じBGMがうっすらと流れ始め、二分の一成人証書授与が始まった

二分の一成人証書一人一人名前が呼ばれ、証書を担任の先生から頂いた後、くるりと全員の方を向いて「10年目の主張」を語った。
10年間生きてきて出来るようになったこと、これからどんなふうに成長していきたいか…等を堂々と発表する。
みんな緊張した面持ちの中で、10歳なりに頑張って語った。

うちの小学校は4年生は2クラスしかないので、皆1年生から見ている顔だ。
入学式の頃と比べ、どの子も背が高くなり、顔つきもしっかりしている。
そして全員が、自分の言いたいことを何も見ずに暗記して発表した
うちの娘も発表の前にニコリと私のほうを見て笑っていたので余裕があったのかと思ったが、終わってから聞くと、緊張で口がガクガクしてしまい、下唇を思いっきり噛んでしまったとか…
それほど厳粛な空気が教室中を包みこんでいた。

その後森山直太郎さんの「さくら」の合唱
先ほどまで教壇のほうを向いていた子供達が全員揃って親の方を向き歌い始めた。
とても近い距離で向かい合ったが、照れくさそうにする子もなく、皆が真剣な表情で一生懸命歌っている。
お母さんたちの中には、ハンカチで涙を拭う姿もちらほらと見られた。
本当にプレ卒業式のようだ

廊下には、このイベントのために、子供達が1ヶ月以上かけて作り上げた成長の記録が展示されていた
10年目の私110年目の私2
誕生から今日までを写真と文章でつづってある部分が10数ページ、そしてこれからの目標・本当の成人式を迎えた後の自分への手紙が2ページに渡って記されていた。
娘は何になりたいということは、普段からよく口にしており、そのとおりの事が書かれていたので別に驚かなかったが、中には全く親が予想だにしなかった未来予想図を描いている子もいて、突然の「跡継ぎ宣言」に目をうるませているお母さんもいらした。

歌が終わり、先生が一言「これで二分の一成人式を終わります」と宣言した。
すると突然、明るく、高いトーンの声で「というわけで、こんな感じでーす!」
これには親も子供も拍子抜けし、涙を拭っていたお母さんも笑ってしまった。
しかしその後の懇談会で
「変な終わりかたしてすみません。でも何かしゃべると僕が泣きそうだったんです。涙は卒業式にとっておきます。」
「子供達が全員お母さんの方を向いた時、その背中を見たら、ぐっと来るものがあって…。本当は僕も歌う予定だったんですが、声が出なくなっちゃいました」と聞き、また感動してしまった。

この子達はもうすぐクラス替え。
本当によくまとまり、落ち着いていて、しかしどこか子供っぽくて可愛らしい子ばかりで、みんなが仲の良い素晴らしいクラスだった。そしてほとんどの親が「5,6年生も、先生が担任だといいな、と思ってます」と言っていたが、普段は優しく面白く、でも人に迷惑がかかることには非常に厳しい、良い先生だった。
こんな中で「二分の一成人式」が出来たことも、とても幸せだったと思う。
素敵な思い出になった。
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

サークルジャック~シュガークラフト編~

放送より一足先にお伝えする「美佳のサークルジャック」レポートです。

今回お邪魔したのは、「SUCREVE(シュクレーブ)」というシュガークラフトのサークルです。

作品4枚合成まずはシュガークラフトとは…
これです!
先生がこれまでに作られた作品の一部ですが、この繊細さ、可愛らしさが、写真でどこまで伝わるのか不安…。
見にくい方は、ポチっとクリックして拡大してご覧ください
で、これ食べられるんですよ!
シュガーペーストという、砂糖や水あめを混ぜたものを、コネコネしたり、伸ばしたり、くっつけたりして出来てます。
甘い香りがして、ふーっと作品に引き込まれてしまいます。

撮影風景さあ、楽しい仲間と一緒に私も挑戦!
(←撮影風景もちょこっと!私が写ってないよぉ!)
番組をご覧の方は、よくご存知のとおり、不器用な私。
作るのはミニケーキですが、ちゃんとできるのだろうか…。
今回は、土台の部分を発泡スチロールにしましたが、スポンジケーキを使えば勿論全て食べられるようになります。
まずは、そのスチロールの形をナイフで整え、次にペーストコネコネです。
それをめんぼうで、形良くひきのばしてから、土台にかぶせ、洋裁で使うルレットで模様付け。
そこにアラザンというケーキによく乗ってる仁丹見たいなのを一粒ずつ丁寧に飾り、更にバラと葉っぱを作って飾りつける。
この説明じゃわかんないですよね!でも、これで出来ちゃうんです!
詳しくは放送をご覧ください。

今回も何度か「せんせー!大変で~す!!」と大騒ぎする場面もありましたが、私としては120点の出来となりました!
美佳のケーキ完成品見よ!この自信作、名付けて「純白~私の心~」 なんてね!オホホホ…
製作時間は2時間足らずでした。
「神が創った奇跡の不器用女」の私でも、ここまで出来ます!
そしてのめりこむこと間違いなし!
私はカニを食べているときよりも静かになり、仕事を忘れ、無言で作り続けました。
カメラを回していた佐藤氏にも「何もしゃべってませんでしたよ」と指摘されてしまいましたが、まあ、それだけ夢中になれるものであることは、画面から十分伝わるでしょう!

お茶とケーキさて、作品が仕上がると、みなさんテーブルを綺麗に片付け、ティータイム
なんともお洒落で優雅な気分に浸ってしまいますぅ~!
ハート型のカップに注がれるティー、そして先生がセレクトしてくださった、これまで食べた事がない位おいしいケーキ。
毎回レッスン終了後には、こうして皆さんでおしゃべりを楽しみ、夜の9時に終了予定が、気がつけば11時を回っていた…なんてこともあったとか…。
今すぐ私も入会したい!

あ!そうそう!夏休みの期間には親子でお菓子の家を作るというイベントも企画中とのことで、日程が合えば、私も絶対に参加させていただく予定です!
皆さんもいかがですか?

こちらに今回お世話になった「SUCREVE」のあらき先生が作っていらっしゃる素敵なHPもありますので、興味のある方はどうぞ…
http://www.geocities.jp/sucreve333
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

二日酔い…三日酔い…?

先週の金曜日、中学時代の友達と飲みに行った。
ホント、昔からの友人と飲むのって何であんなに楽しいんだろう!
私は家で飲む事は滅多になく、アルコール自体をすごく好き!ということはないのだが、友達が一緒となると、何を飲んでも、何を食べても、それはそれはおいしくて仕方がない
あの日は9人も集まる事ができて、昔話にも花が咲き、ワインを飲んで…ビールを飲んで…焼酎飲んで…

次の日。頭が重い…気分も悪い…目が回る…慣れない状態に泣きそうになった。
友達にメールを入れると、皆揃って二日酔い気味…という返事だ。ああ!これが二日酔いなのだ…。
とはいえ、朝から野球だサッカーだと走り回った人もおられ、真っ青になっている私は尊敬せずにはいられなかった。

ところが私もゆっくり寝てはいられない。父の仕事を手伝う約束をしていたので実家へ。
しかし細かい作業をしなければならないのに手が震えてしまい、期限があるというのに、早々に切り上げてしまった。
それにしても、一向に良くならず、お酒をおいしく飲んだ代償がこんなに大きなものなのかと呆然とし、夕食もほとんど食べられないままだった。

そして、その気分の悪さは翌日も…。三日酔いに突入だ!
青い顔をして実家に行く。親に心配はさせられない!と、昼食に出してもらったうどんを食べたが、完食するのに変な汗が…。
夕方になって、あまりにも全身が痛いので、またまた途中で切り上げて家に帰った。

さすがにお酒のせいじゃないのでは…?と思い、熱を計ると38度2分。
ああ!原因はこれだったのか!
解熱剤を飲んで、ぐっすり寝たら、翌日には喉が痛い以外は、元気いっぱい!
そして、予定より遅れに遅れた父の仕事の手伝いを頑張った!
おかげさまで昨日終了~!よかった!

今回の収穫…たった3日で2~3?のダイエットに成功!キープするのだ!
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

父と二人で…

先週から今週始めまで、実家で父の仕事を手伝った。
父は私が小学生の頃脱サラし、その後いろいろな時代を経て、発明家になった!
というと大袈裟だが、しかし本当に、あるものを発明し、もうかなり長い間、毎年何度か文科省からの依頼を受けその機械を作っている。
私が手伝うのは、本体に小さなチップを「はんだ付け」する作業である。

子供の頃から、父と出かけた記憶といえば、駅前の立ち食いそば屋さんとパチンコ屋さんくらいで、たいした思い出もない。
手をつないだり、お風呂に入ったり、抱っこされたりの記憶もない。
しかし、小学校4年生の時「顕微鏡が欲しい」と言っていたら、ある日突然買ってきてくれ、とてもびっくりして、なんかくすぐったく感じたのを今でも覚えている。
母には「ありがとう!」という言葉をよく口にする娘であったが、父に対してはうまく言えなかった。

あ!そうそう、よく出掛けた場所が、もう一つあった。
秋葉原。
ガード下の細かい部品を売っている小さな店は、子供の頃から不思議な感じがして好きだった。
そこでゲームを作るキット等を買って、その頃から「はんだ付け」をして遊んでいた。
買い物が終わると、今はなき「秋葉原デパート」の食堂で珍しく外食。
弟は高めのハンバーグを注文していたが、私は親の顔色を見ながら一番安いものを頼んでいたような気がする。
(関係ないけど…ダウンタウンの「チキンライス」を聞いたときは泣いた!)

さて、今の私は結構忙しく、何日にも渡る父の仕事の手伝いは、体にも負担がかかる。
肩は凝るし、腰も痛くなるし、何より今回のように体調を崩してしまったり(21日の日記に詳細)しても、納期に間に合わせなければいけなくて大変だ。
でも、手伝える時は手伝いたいと思っている。

その間は、父の仕事部屋に二人で篭り、株の短波放送を聴きながら、今の生活に関する話等は一切せず、経済や社会のこと等を語り合いながら仕事をする。
たまに私が失敗してしまうと、父は「こりゃダメだ!」と笑いながら、拡大鏡を使い、直したりしている。
あ…手間かけちゃったな…などと思いながらも、父には「ごめんね」なんて言葉は素直に出てこない。
私も笑いながら「あーあ」と言うだけ。
それでも、多分いいんだと思う。

とっても地味で、他の人からしたら「思い出」と呼ぶには、あまりにも日常的なことかもしれないが、私にとっては、父とのアルバムの1ページになっている。
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

スタンディングオベーション

テレビの前で延々スタンディングオベーション
勿論昨日の高橋大輔選手の演技終了後のこと。
大好きな高橋選手の銀メダルに、飛び跳ねて大喜びしてしまった。
(この先、スケートに興味のない人、読んでも面白くないと思う…)

以前はフィリップ・キャンデローロ選手のストレートラインステップに胸を熱くし、日本では田村岳斗選手のセクシーさに息をのみ、そして高橋選手。
私は多分艶っぽいスケーターに弱いのだ!
でも、ロケット弾のようなスコット・ハミルトンや、胸キュンの可愛らしさのイリヤ・クーリックも良かったけど…

今、本当に魅力的なスケーターが揃っていて、今回の大会でも、好き嫌いは別として見ごたえのある人で溢れている。
だから本当はみんなのいい演技が見たい気もするのだが、やっぱりずっと手を胸の前に組み、「お願い!転んで!」等と呟いてしまうのだ。

高橋選手の時は、もうリンクに出る前から「がんばれー!」と大騒ぎ!
そして音楽が始まる頃には、会場と同様に息をも殺して沈黙の応援モード。
4回転で手を突いたときには「あっ!」と思わず声をあげ、スピンでバランスを崩したときは「んぐっ」とかわけのわからない音を発し、怒涛の5連続ジャンプの時は「跳べ!」「いける!」「がんばれ!」「もうひとつ!」等、お前はコーチか!というくらい気合の入った激を送ってみたり…
そして、ステップに突入するときには、キャー!と昔少年隊に送っていたような声援を…。
気がつくと、会場も同じ状態!キャーって言いたくなるよねー!
そして、演技終了まで拍手を送り続けた。
家のテレビの前で、ここまで盛り上がってしまう私。会場に行ったらどうなるのか!

でも、昨日なにが一番かっこよかったかといえば、やっぱりプレッシャーと戦ってる姿
始まる前は泣き出しそうなくらいの緊張に襲われたというのに、あれだけやり遂げたのはすごい!
もともとあまりあがってしまわないタイプの人は、まずそれだけで一歩リードできるけれど、あがってしまって膝がガクガクでも、きっと克服することは出来るのだ!
緊張やさんの娘によく教え込もう!

さあ、私の大興奮は今日も明日も続く!
今度は真央ちゃん!勿論、安藤美姫選手、中野友加里選手にも大きな声援。
病み上がりの喉は大丈夫かなぁ…
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

卒業式の歌

昨日は娘の小学校の卒業式だった。
とはいっても、娘が卒業したわけではなく、4年生ということで初めて参列しただけなのだが…
それでも、あと2年後が本番か…早いなぁ…

さて、3月の卒業シーズンに入ってから、テレビで卒業式に歌う歌の特集を何度か見た。
私が歌ったことのない「仰げば尊し」「旅立ちの歌」「ビリーブ」なども歌詞を読むとジーンとくる。
娘の学校では森山直太郎さんの「さくら」を歌ったり、キャッツの「メモリー」を合奏したりしたようだ。

私が卒業した中学は合唱に力を入れていて、母はその歌声に圧倒され、手足の先から頭の中まで響いて感動した…と言っていた。
その時は「大地讃頌」「喜びの歌(ドイツ語で頑張った)」「蛍の光(音楽の先生独自のワルツバージョン)」などを歌った。

でも私が一番印象に残っているのは、小学校の卒業式で歌った「門出の歌」
私が通っていた小学校では、在校生の代表として5年生が参列し、一緒に歌を歌ったが、この曲は6年生だけが歌える特別な歌だった。
今でも、あの曲の前奏を聞くだけで、ふーっと卒業式の日にタイムスリップするような気がする。

ブログに勝手に歌詞なんか載せてはいけないのかな…
不安なので一部だけ
「喜びに胸をはり お母さんと来たっけな  新しい服を着て 入ってきたあの日
明るい 教室で 君とならんで いたっけな   かけまわった 広い庭  なつかしい あの日」

自分を主人公にして、8ミリフィルムの映像のように、歌詞が光景になってしまう。

卒業式で、この歌を歌ったとき、私は本当に泣きそうになった。
周りの友達も、沢山泣いていたけれど、後で「泣いてたでしょ」とか言われるのがイヤだ…というくだらない理由で、わざと他事を考えたりして涙をのみこんだ。
でも、卒業して学校に来なくなることや、先生に会えなくなること、友達と別れること、あんなに淋しくて、悲しかったんだから、思いっきり泣いちゃえば良かったな…と、今になって思う。
あの日、わーって泣かなかったから、今でもこのメロディを聞くと、すぐに目がウルウルしてきちゃうのかなぁ…
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

エアロちゃんぬいぐるみ

世界フィギュア やっぱり感動した。
高橋選手の時は、演技終了までただドキドキして見ていたが、真央ちゃんは最初にトリプルアクセルが決まった時点で、もう涙が出て来きてしまった
まだ16歳なのに、どれだけのプレッシャーを背負って滑っているのかと思うと、なんだか胸がキュンとしてしまう。
それは、キム・ヨナちゃんも同じなのかな…彼女が2回目転倒したときには、さすがに「もうこれ以上転ばないで!」と祈らずにいられなかった。
最終滑走の安藤美姫選手にも拍手!4回転も無理に跳ばなくて良かったと思う。
演技の感想については、なんだか感動が深すぎてうまく文章にできない感じなので、これにて終了。

ところで、演技中大騒ぎの私に対し、娘はCM中に大騒ぎしていた。
何度も流れた、真央ちゃんの愛犬エアロがモデルになっている、ぬいぐるみエアロちゃんのCM
もう欲しい欲しいと飛び跳ねていたので、バレエの発表会の時にお花代わりにあげよう…ということになり、先ほどネットの申し込みを見てみた。
価格は3150円、それに代引き手数料と送料が加算され、およそ4000円くらい
しかし到着までには3~4週間かかるとなっていて、それでは発表会に間に合わないので意味がない。
で、手っ取り早いところでヤフーオークションを覗いたら、落札価格は通常価格の倍程度になっている。ここまで出すのもね…ということで昨日の夜は申し込みを見送った。
すでに我が家には、軽く100を超える先輩ぬいぐるみたちがいるわけで、意味もなく増やしたくないし…
もし偶然何かのイベントとかで、発表会までに買える!という奇跡にめぐり合ったら買ってあげることにしよう。
…でも、ホントは私も欲しいんだけどね…

>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

電話の声

3月1日の日記で触れた柴田くんから「ブログ見たぞ」と電話がかかってきた
「書いたよ…」ということは、飲みに行ったとき伝えてあったのだけど…
冗談混じりに「(ヴェルディの)広報通さないとまずい?」と聞いたら、笑っていたので多分(!)大丈夫なのだろう。

で…またこんなこと書くと、さすがに怒られるかもしれないけれど、柴田くんというと中学時代のとっても高い声が未だに頭の中に残っている。
だから、顔を見て話していると特には感じないのだが、電話で声だけを聞くと「本当に柴田くんなのだろうか…?」と不思議に思う
普通の人より低音が響く声だから尚更だ。

昔、文化放送の斉藤一美アナと一緒に新人研修を受けたのだが、研修中は特に気がつかなかったのに、電話で話したときに「この人いい声だなぁ」と感じて、おおいに褒めまくった。
まあ、アナウンサーになるくらいなのだから、魅力的な声を持っているのは当然かもしれないが、特に響きが心地よく感じられた。
20代前半で付き合っていた人(普通の銀行員)も、男らしい低い声で、「素敵な声だね」と言ったら、次の電話から、より低い声を出してかけてきた。
二人とも会って話した時より、電話だとそう感じるのだ。
柴田くんは久々に出会った「いい声の人」だと思う!(やや褒めすぎか…?)

さて、20歳くらいの時のこと…
夜の9時ごろ電話がかかってきて、出てみると聞きなれない同世代くらいの男の子の声。
「はい!松並です!」
「あ…、俺…」

少し照れくさそうに男の子は言った。聞きなれないけど、どうも知っている人のようだ。
付き合ってくれ…とかいう電話なのか?
「え?誰?」
「俺…」

向こうは、俺の声がわかんないの?と言いたそうな感じ…
これは絶対に誘いの電話だ!
私も、今度はちょっと甘えた声を出してみた。
「え~?わかんなーい!だ~れ~?」
「俺だよ、俺…何でわかんないの?」

今だったら確実に「オレオレ詐欺」を疑うべきだが、当時はそんなものは存在しなかったので、益々かわいこぶったりしてみた。
「間違ったらごめんね。○○くん?…じゃないよね? え?××くん…でもない?」
期待をこめて(?)思いつく名前を挙げてみた。
「俺だよ!…うーん……そばにお母さんがいたら、かわって…」
「えー?なんでー?お母さんにかわるの?」
一体、この男の子、何がしたいのだ!私に正体も明かさないまま、私の母と何を話すのだ!
「うん、かわって」
「やだー!何言ってるの?」

私は、ケラケラとやはりかわいこぶって笑った。友達にはしないような、とっておきの笑い声だ!
「かわってよ」
「え~!何話すの~?」

そんな、替われるわけないじゃん!「娘さんをください」とでも言い出そうというのか???
すると、男の子は少しおこった声で言った。
「もう、いいよ。じゃあ明日帰るって伝えて…」
電話は切れた。

母は、私の会話を聞いて不思議そうに「誰?」と聞いた。
「それが、わかんないんだよ…最後まで名前言わなかったんだもん。お母さんに明日帰るって伝えてって言って切っちゃったよ」
「ちょっと、それ「じゅん」じゃないの?明日帰るって言ってたんでしょ?免許取れて合宿から帰ってくるんじゃないの?」

は!!!そうだ!聞きなれない男の子の声の主は、長く一緒に暮らしている弟なのだった
弟は、自分の家にかけて「じゅんだよ」と名乗るのも恥かしく、また姉に甘えた声を出されて余計名乗りづらくなり、替わってくれといったのに母親にも替わってもらえず、仕方なく電話を切ったのだ!
「全く…浮かれてんじゃない!!」
久しぶりにわが息子の声を聞きたかった母に、ひどく怒られた。
我ながら、調子にのってる自分が恥かしくなった
ああ…こんなアホは私だけ…?

というわけで、電話の声は顔を見て話すときと、全然印象が違うものである…。
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

出して痩せる!

先日、体調を崩し少し体重が落ちた。
しかし、体調不良で痩せた場合は、通常すぐ元に戻ってしまうので、いかにキープするかが大切!
ダイエット経験豊富な私が、今回選んだのは炭水化物抜きダイエット…ということで、米・パン・麺類等はほとんど摂っていない。
野菜スープや、チーズ・肉・魚、そして1番食べているのが生野菜で、今月半ばからすでに4キロほど痩せたので、かなりの効果だと思う。

そして、とっておきの裏技が「出して痩せる!」
大好きなダンスのレッスンの時に、思い切ってお腹を出したのだ。うーん、久しぶり…
顔なじみの人たちが寄ってきて、
「あ!お腹出したんだ。かっこいい!」とか
「若いから(決して若くないが)、張りがあっていいわよね~!いけるいける!」などと、勇気付けてくれる。
そしてレッスン中の1時間は、鏡の前で自分の肉とにらめっこするのだ。
仲間たちはフォローしてくれるが、決してまだまだ美しいお腹ではない。
まずは、それを認識する事が美しくなる第一歩!
気を抜くと、ぽっこりしてしまうので、出している部分を意識して踊り続け、1時間の間に少しでも引き締まることをイメージする。
自分が心配するほど、人は自分を見ていないものだし、思い切りは必要!
そして目標はあと2キロ!動いても贅肉が揺れない引き締まった体を目指すのだ!!
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。