This Archive : 2007年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

「まちかど情報局」裏話~喜多院~

10月になっちゃいましたね~!
そして、寒くなっちゃいましたね…
夏が大好きな私は、ちょっと淋しいです

さて、10月第1週目の「ちょっくら…」は、川越の観光名所のひとつ、喜多院からお送りします。
私は川越に6年住んでいましたが、恥ずかしながら春日局化粧の間家光公誕生の間など、いわゆる有料ゾーンに入った事がなかったんです。
いつかは…いつかは…と思いつつ、なかなか機会がなくて…
で、今日初めて入りました。

中は、撮影禁止になっていますが、私たちは特別に撮影させていただいています。
私のように、行こうと思いつつ、まだ行った事がないという方は、是非今週土曜日からの放送をご覧になっていただければ…と思います。
喜多院の執事長さんに、みどころなどもお聞きしています。

ただ…撮影しておいて、あれですが…
やっぱり映像で伝わらない部分って、かなりあると思います。
そこに流れている空気…なんでしょうか…
畳の感触や、お香のやわらかな香り、耳をすませると聞こえてくる、庭の葉っぱが風に揺れる音…。
これから、菊まつりがあったり、紅葉が美しくなったりと、喜多院にとって素晴らしい季節がやってきます。
本当におすすめスポット!いいですよ~!

さて、ブログを見てくださっている方だけに、秘密情報です。
喜多院のおみやげ物やさんで甘酒を頂くシーン、私と一緒に二人の女の子が映っていますが(カットされなければなんですが…)、私の隣にいるのが、うちの娘りさ、そしてその隣に映っているのが、このブログでも名前を挙げている私の友人(ここで具体的に名前は書きませんが)の娘さんのなつちゃんです。

撮影後は菓子屋横丁に立ち寄りました。
残念なことに月曜日でお休みのお店がとても多かったのですが、それでも二人とも、川越を思いっきり満喫していました。
小さい子供からお年寄りまで、私が自信を持って、紹介できる街!
私は川越がだぁ~~~い好きです!
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

もうすぐ「サヨナラの瞬間」 20歳のニャン…

20年3ヶ月もの間、私たちと一緒に過ごしてきたネコ「ニャン」との、サヨナラの瞬間がもう間近に迫っている。

ニャン大あくびわずか10日前は、とても元気で、2階への階段もなんなく昇り降りし、大好きなご飯を食べて牛乳を飲み…
夕食タイムには父の膝の上に乗り、満足そうにうとうとして、散歩に出掛けては、大きな声でニャーニャーと鳴いて帰ってきて、戸を開けて!と人を顎で使ったりしていた。

急に具合が悪くなったのは、先週の水曜日あたり。(先日ブログで触れたとおり…)
それから若干、良くなったり悪くなったりはしているが、確実に弱ってきている。
ここ3、4日は何も食べていないし、今日は、ほとんど水も飲めないが、それでもまだ大きな声で鳴いたり、フラフラと歩きながら、トイレに行ったりしている。

もしかして病院に連れて行って、栄養の注射をしてもらったら、少しは良くなるのかもしれない。
でも、ニャンは昔から病院が大嫌いで、カゴに入れた瞬間から、猛獣のようなすごい声で「イヤだ!」と鳴きまくり、すれ違う人から「何が入ってるんですか?」と聞かれたほど。
どこも苦しそうにはしていないし、そんな嫌な思いをさせたくはない
また、ニャンの前に飼っていた「ピー」は、病院で家族に看取られることなく淋しく逝かせてしまい、それは、あまりに辛く、今でも後悔している。
だから、ニャンは家で、いつもの場所で、安心しながら旅立たせてあげたいと思う。

ニャン&りさ3才←8年前のニャン 娘はまだ3歳








20年も一緒にいると、思い出なんてあり過ぎて、とても簡単に思い出して書くことも出来ないほどで、いなくなる事が信じられない。
とはいえ、私は10年以上前に結婚して実家を離れてしまったので、両親に比べれば、淋しさも何分の一。
両親にとっては、弟と私が同時期に家を出たので、それ以降、ニャンが子供だった
父は、ニャンが淋しがるから…と、ほとんど旅行に出たこともなく、いつもいつも一緒に寝ている。
私にとっては、ニャンは勿論心配だが、いなくなってしまってからの両親も心配だ…。

最近、私はニャンを抱っこした事がなかったが、さっき久しぶりに膝に乗せて体を撫でてあげた。
子猫の頃のように、あまりにも軽くて泣きそうになった
でも、温かくて…生きてる…って思った。
もう、いつ、どの瞬間に息をするのをやめてしまっても、おかしくない。

本当によく頑張って、松並家の子供として、長いこと元気でいてくれて…
ニャン!どうもありがとう…
苦しくなったら、もう頑張らなくていいよ…
お父さんの膝の上で、安心して眠っていいよ…


ニャン誕生日パーティー














今年の7月 20歳のバースデー
7月2日のブログでも紹介


猫好き集まれ! - livedoor Blog 共通テーマ

>> web拍手
CATEGORY : ネコ(=^・^=)たち |

一人観戦

ニャンはひとまず小康状態…
病気云々ではなく、まさしく老いによる体の衰えが一気にきた感じで、特に苦しがっている風ではない。
明日また様子を見に行く事にしているが、今日はとりあえず高円宮杯準決勝を観戦する為、国立競技場へ出向くことにした。

この前応援に行ったヴェルディユースは、決勝トーナメント初戦のサンフレッチェ戦で敗れてしまったが、あの時、生で見る面白さを思い出してしまった
私はユースのことはよくわからないけれど、なんだかサンフレッチェは強いみたいだし、昔番組を担当していた浦和レッズユースも出るということで、やはり行きたい気持ちは膨らみ、ファミマでチケットを購入してしまった。もう行くしかない!

「誰と見に行くの?」主人の問いに
一人だよ」当然じゃん!といった感じで答える。
すると「女一人で見に行くって、結構度胸あるよね…」
と、妙に感心された。
私は、野球もサッカーも仕事で観戦していたので、一人観戦は全く苦にならない
一人だったら、その日の気分でやめるのも自由で、前々から予定しておかなくても思いつきの行動で十分だ。
今日だって、ニャンが心配で、直前まで行くのを迷っていたし…

でも、試合を見て、「やっぱり来てよかったぁ!」とスタジアムで何度も何度も思ってしまった。
一試合目の「広島対名古屋」
色々な見方をする人はいると思うけれど、私は滅多に見られないほど面白かった!と得した気分になった。
私の周りで見ていた人も同じ意見だった人が多いらしく「こんな試合滅多に観られないよ~!」と興奮気味!
(試合の流れは、私の下手な実況&解説で書いてみても仕方がないので、気になる方はそれなりのページで読んで下さい。)
試合終了時の、競技場が一体となった両チームへの拍手は感動的で、涙が出てきてしまった。
私は、友達や家族が一緒だと泣けないタイプなので、私にとっては一人観戦ならでは!

それでも、あまりの試合の面白さに誰かに伝えたくて、ハーフタイム等、うるさいほど友人にメールをして、試合経過を伝え、どれだけ面白いか書きまくってしまった。
その友人も優しくて、うやらましがりながら読んでくれるので、益々得意気に書いてしまう。
おかげで治りかけの腱鞘炎が悪化してしまった。
でも、誰かに伝えないといられないくらい、試合が面白く、楽しんだ。

決勝は8日か…。
仕事の関係で、時間的にギリギリで行かれるかどうか微妙…
でも、見たい!スタジアムで見たいよー!
行くとしたら…勿論、一人観戦で決まり!…かな?
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

ニャンちゃん、すごい!

ニャンの顔を見に実家へ行った。
もう寝たきりになっているかなぁ…、ぐったりしているだろうなぁ…

しかし、2日前に行った時より元気になっていた。
この前は、足取りもおぼつかず、少し歩くと休まなければダメ…といった感じだったが、今日はあっちへこっちへと歩き回り、私が実家にいた2時間ばかりの間に、父の付き添いで3回も散歩に出た
ニャン お風呂のふたの上大好きなお風呂のふたの上にも、ぴょんと飛び乗って寝ているし、夜中もこの前よりは眠れているらしく、また寝たときの姿が、美しい姿勢になっている。
そして、音に反応して首が動くようになった。
特に父の呼びかけには、きちんと反応して、「来い!」というと、ゆっくりと歩いていく。
この前は耳すら動かさなかったので、もう聞こえないのかと思っていた。
ニャンちゃんは、本当にすごい!

しかし、これだけ動いていても、やはり何も食べようとはしない。
少量の水を飲む程度…
お腹空かないのかなぁ…食べさせてあげたいなぁ…
でも、無理に何かするということはやめておこうと思う。
20年間、自分のペースで生きてきたニャンだから、自然にまかせようということに決めている。
とにかく病院が苦手だから、もう少し若いならともかく、連れて行っただけで、ダメージも大きそうだし…
もう十分頑張ってくれたから、苦しそうにしない限り、そっとしておいてあげよう

でも、やはり奇跡が起こらないかな…などと考えている。
>> web拍手
CATEGORY : ネコ(=^・^=)たち |

ニャンちゃん…ありがとう…

20年以上、松並家の末っ子として可愛がってきた愛猫「ニャン」が、10月9日 午前11時45分に旅立って生きました。看取った両親によれば、苦しむこともなく、眠るような最期だったそうです。
後で、お花を持って、実家に行って来ます。
ニャンに沢山の「ありがとう」を伝えてきます
>> web拍手
CATEGORY : ネコ(=^・^=)たち |

ニャンちゃんらしい最期

9日に旅立っていったニャンちゃんを 今日埋葬する
父と母と私、3人で行う予定…
私は、火葬して骨を拾いたかったのだが、両親は大好きだった庭に埋めて、土に返してあげるんだ…と絶対の意志を持っており、それは尊重しなければいけないのだと思った。

ニャンの旅立ちは、とても見事だった。
9日の朝まで、大きな声で鳴いて、比較的元気にしていたらしい。
午前10時半くらいから、自分でお気に入りの座布団の上に行き、しばらくうずくまるような体制をしていたが、やがてゆっくりと眠るときのように体を横に倒したそうだ。
少し様子がおかしいと思い、注意深く見ていると、ゆっくりとした呼吸ですやすやと眠り始めた
少しずつ、少しずつ、呼吸の間隔が広くなるような感じで、午前11時45分、ふーっと大きく呼吸したのを最期に、本当に穏やかに、幸せそうに深い眠りに付いたようだ。
普段忙しくしている両親が、たまたま揃っている時間帯を選んで、声を掛けてもらいながらゆっくりと旅立っていったニャンの最期は、本当に素晴らしく、見送った家族に何の悔いも残さない立派なものだったと思う。
淋しさは勿論大きいけれど、20年3ヶ月の、その堂々とした生き様には拍手を送りたい!

今日は亡骸ともお別れ…。
家族である私達も、ニャンちゃんに負けず、しっかりと送ってあげたい。


猫好き集まれ! - livedoor Blog 共通テーマ
>> web拍手
CATEGORY : ネコ(=^・^=)たち |

悲しくて、悲しくて…

ニャンとの最後のお別れは、やっぱり本当に辛かった

今日の午後、父と二人でニャンを埋葬するために庭を掘った。
土が固かったり、思わぬところに木が根を張っていたりと大変で、交替で掘り進め、ぽっかりと穴ができた。

「お姉ちゃん、連れて行ってあげて」
母がそういって、座布団ごとニャンを縁側に連れてきた。
私はしっかりと胸に抱いた
冷たくて、固くなってしまっているけれど、変わらないニャンちゃんの体。
耳は生きているときと同じようだし、ひげもぴんとしている。
離したくない気持ちでギュッと抱きしめた
「抱っこする?」
両親に聞くと、「ううん…いい…」そう言って、二人は愛おしそうにニャンの頭を撫でた

そして、土の上にニャンの亡骸をおいて、胸にピンクの花を置いてあげた
悲しくて悲しくて、涙が溢れてくる。
3人とも、時が止まったかのように動けなくなってしまった
「今更だけど…やっぱり火葬にして骨を拾ってあげない?」
私は、骨になってもいいから、ニャンをそばにおいておきたい気持ちでいっぱいになった。
「ニャンは庭が大好きだったから、やっぱり家で土に返してあげるのが一番だよ。いつでも見守っててくれる」
母の意志が変わることはなかった。

母は、目を閉じて、手を合わせてから、ゆっくりとニャンの体に土を掛けた。
私も、手で土をすくって、そっと掛けてあげた。
涙は後から後から溢れ出て、ニャンの体の上に大粒の雨のように落ちる。
やがて体は土に隠れたが、顔の部分にかけることは出来なかった。
それは父の仕事だ。
ニャンは父の事が一番好きだった
いつも父の布団の上か、そばで寝ていたし、食事の時は必ず膝の上に乗っていた。
フラフラだった時も、父の呼びかけには反応し、ヨロヨロと後をついて歩いていた。

「お父さんかけてあげて…」
そういって場所を空けると、父はゆっくりと少しずつ、やはり顔を残して、ニャンの体に土を被せた。
そして、「もういいか?」
との問いに、母と私はうなずいた。
心の中で何度も、「ありがとう」をくりかえした。 
20年間可愛がってきたニャンの体は、すっかり見えなくなった。

ニャンちゃんは、ずっと元気で20年も生きてくれて、本当に私達も悔いはないし、ニャン自身も幸せな一生だったと思ってくれているに違いない。
それでも…それでも、やっぱり今日は悲しい
これまで、こんなに悲しかった事があるかな…って思うくらい悲しい。
しばらくの間、一人きりになると泣いてしまうと思う。
でも、20年泣きつづける事はない…
今は悲しいけれど、やっぱりニャンはその何百倍も、何千倍も幸せをくれた

うちには、ぴろりんもいる。
ぴろりんは、今日も元気に私の手や足に噛み付いてきた。
両親にも、ニャンちゃんを忘れるためではなく、また楽しくて幸せな生活を送るために、少したったら、チビ猫を迎えて欲しいと思っている。
ニャンは、自分のあとに、新しい家族が来ても怒るような子ではないし、温かく見守ってくれるはず。
今は、そんな気持ちになるのも難しいけれど、もう少し泣いて、涙も尽きてきたら…。

そんなことを考えながら大きく深呼吸をしたら、庭のきんもくせいの香りが、体中に届いた気がした。
きっとこれから、きんもくせいの香りがする季節になると、ニャンちゃんを懐かしく思い出すんだろうなぁ…
来年は笑顔で思い出話をしたいと思う
>> web拍手
CATEGORY : ネコ(=^・^=)たち |

個人面談

娘の個人面談に行った。
先生と向かい合って座って、まず渡されたのが偏差値が書かれた成績表
とはいっても、学力の偏差値ではない。(多分、今、公立校では中学でも偏差値を出さないし、小学校では無縁だと思う)
何の偏差値かというと…体力テスト
えー!体力なんて、頑張ればすぐに上がるものでもないのに、こんなものには偏差値で数値が出るのか…意外だ!
うちの娘は、これが学力だったら相当な難関校でも突破できるという、かなり良い成績だ。
種目によっては、偏差値が70を越えており、目を細めて「算数」と書いてあるような気分で眺めてしまった
まあ、体力テストでも、いい点を取れないよりは取れたほうがいい。

さあ、気分のいい話はこれくらいにして!
個人面談や家庭訪問でいつも注意されるのが「忘れ物」
前の日に時間割をやっているはずが、何か忘れている事が多いのだ。
「お母さんも最終チェックをお願いします」と、先生に言われるのだが、うちの子の忘れ物は、私譲りなのでどうしようもない。
私も一緒になってチェック漏れするし、チェック自体も3日ともたない
きちんと物事を整理したり、前もって準備したりするのが本当に苦手で、「多分大丈夫!」と、ちっとも大丈夫じゃないのに思い込んでしまう。

今日も黒板に算数ドリルの進捗状況の表が貼ってあったが、うちの子の表に一つもシールが貼られていない。
やっているのは確実なのだが、ノートを先生に提出するのが面倒なようだ。
「後でいいや」「ノート忘れちゃった」「汚いから、書き直してから提出しよう(絶対書き直さない)」
様々な理由で提出していない。
これは、この性格の人にしかわからないと思うのだが、先生に提出しに行く、そんな何でもないことが、異常に面倒に感じられるのだ
せっかくやってあるにもかかわらず、提出することが面倒なのだ。
きちんとした方がいいのは当然のことなのだが、私に似てしまったこの性格を怒りきれず、「明日は出してね」くらいにしか注意する気になれない…ああ、ダメだなぁ…

こうして娘も、私みたいな大人になり、私みたいな母親になり、下手すりゃその子供もまた忘れ物女王か…?
その確率を減らすためにも、娘には是非とも、几帳面な人と結婚してもらいたい
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

配役オーディション

11月半ばに学芸会がある。
月曜日に役を決めるオーディションが行われるようで、今日は自分が何に挑戦したいのか手を挙げたらしい。
出し物は「ユタと不思議な仲間たち
他の小学校の5年生も何故だか、これをやるところが多いのだが、この劇には女の子がほとんど登場しない
1年生の時も、3年生の時も、男の子ばかりが良い役だったので、チビは「今回は女の子がいっぱい出る「アニー」がやりたい!」などと言っていたが、願いは叶わなかったようだ。

この「ユタと不思議な仲間たち」の主役は、ユタという男の子。
そして、名前がある役は、友達の男の子2人と、さよ子という女の子、そして何人かの座敷わらしたちと、おじいさん、おばあさん。
あとは村の子供達だ。
今日、希望で手を挙げたら、意外にも村の子供達を希望する子も多かったらしい

娘は、本当はヒロインである「さよ子」がやりたいのだが、それは無理だろう…と、11歳にして自分をよくわかっている
だとすれば、ねらいどころは座敷わらしだと思うのだが、「おばあがいい!」と言い出した。
先日まで、NHKの「どんど晴れ」を熱心に見ていたので、東北弁の台詞に自信があるらしい。

しかし、今日帰ってくるなり「おばあ無理かも…」と、オーディション前から落ち込んだ様子。
親友のなっつーと希望がかぶって、ライバルになってしまったとのことだが、落ち込ませているのは彼女ではなくKくんという男の子
彼は、3年生の時も、沢山ある男の子の役ではなく、あえておばあさん役に立候補して、見事オーディションを勝ち抜いた。
そして今回も、主人公ユタでも、その友達でも、おじいでもなく、おばあに手を挙げた!
「男の役はいっぱいあるんだから譲ってくれればいいのに…」
娘はそう口をとがらせて言っているが、Kくんは本当におばあさん役が合っているのだから仕方がない!
おかまっぽいわけでも、おねえっぽいわけでもなく、彼はおばあさんぽい
きっと、今回もオーディションを勝ち抜くであろう!
娘には申し訳ないけれど、私も学芸会で彼のおばあさん役を見るのが、今から楽しみなのだ…
そして、うちの子は45人もいる村の子供の35番あたりで、ちょっこと出ることになる気がする
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

名前も知らない友達

土曜日に特に予定がなかったのは2ヶ月半ぶり!
久しぶりに、フィットネスクラブのラテンダンスに参加する事ができた!
スタジオに行くと、「わー!久しぶり!」「あれ?珍しい~!」「髪の毛切ったの?」「パーマかけた?」沢山の仲間が集まってきてくれた。
年齢は20代から60代まで様々だが、陽気なラテンダンスに魅せられているだけあって、共通してみんな明るくて楽しい

実は、私はこの仲間たちの名前を知らない
正確な年齢も、仕事も、家族のこともほとんど知らない。
顔を合わせると、一緒にストレッチをしたり、振り付けのおさらいをしたり、最近どのプログラムが面白いとか、楽しいとか、そんなどうでもいいことを話して盛り上がっている。
だから、普段の生活で辛い事があったり、落ち込んだりしていても、ここに参加している間は何もかも忘れられて、気分がぱーっと明るくなってくる

「また来週ね~!」
今日も元気な声で、名前も知らない仲間たちと手を振って別れた。
でも、来週は予定が入っているんだよなぁ…
次はいつ会えるかな~?
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。