スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

「サヨナライツカ」

見てきましたよ~!
こういう感想ってどこまで書いていいもんなんでしょうかねぇ…
よくわからないですが、まず、全く差し支えないところから…。

終了が真夜中にも関わらず、意外にも女性お一人様多かったですよ~!
私の隣も、その隣もそうでした。
ロビーにいた時には、みんながカップル・友達・親子などで来ているように思えたのですが…
ちなみに「アバター」3D上映に関しては満席で入場できない状態。
電車もない時間なのにどうやって帰るんだよ!と思いましたが、車ってもんがあるんですよね。
映画館の場所からいって、あの時間ほとんどの人が車でご来場~!でした。

サヨナライツカ公開記念嬉しかったのは、公開記念初日プレゼントとして、と~っても良い香りのアロマキャンドルがもらえたこと。
アロマが大好きな私にとって、非常にテンションが上がるプレゼントでした。
せこいこと言いますが、1480円もするものなんですよ!
前売り1300円でチケット買って、ただで見せていただいたようなもんです。

さて、内容に関しては…

※ここから先、見る予定のある人は絶対に読まないでくださいね。見る楽しさが減ってしまうかも…更に、本を読む予定のある人も読まない方がいいと思います!

美しい映画でした。
中山美穂さんの沓子もきれいで良かったし、西島秀俊さんの豊も素敵で、配役が魅力的でした。
石田ゆり子さんの光子はもう少し洗練されてなくても良かったかな…。

ただ25年後のメイクは無理があり、それが気になってしまったのは残念でしたが、あれが限界なのかな…。

ストーリーは、私のように原作を愛している人にとっては、肩すかしをくった感じになるかも…。
求めていた切なさを味わうことはできませんでした。

原作で号泣してしまったラストも全く違うし、私としては沓子と光子は会って欲しくなかったです。
妻が豊と沓子の関係を知っているのといないのとでは、それぞれの人物への感情も別物になってしまうし、まして「豊さんが一度でも、あなたに愛していると言ったことがありますか?」の一言も残酷。
映画だとあの一言が決定打となって、沓子がバンコクを去ることになったようですが、原作のように、豊と沓子の中で、じわじわと決断するほうが好きでした。

豊が沓子の前で光子からの電話を受けるシーンも、あの流れからでは彼の意図が伝わりづらかったのではないでしょうか。
彼は、とっても苦しんでつらい思いの中、沓子にあの会話を聞かせたのですが…。

で、原作の方が豊は人間味にあふれています。
原作では「好青年」と呼ばれた豊は、周囲から皮肉を込めてそう呼ばれるようになっていきます。
もっと沓子にのめり込んで、人間として堕落寸前の状況にまで陥って、やっとの思いで一つの決断を下したのですが、映画では空港での別れた後のシーンまで、彼が沓子のことを愛していたことがわかりにくいような…

そして空港での別れも、あれでは沓子が可哀想…
原作では、豊は空港へ向かう車の中で子供のように泣きじゃくり、空港でも大勢の観光客の中で、人目もはばからず強く抱きしめ会って、長い長いキスを交わすのです。
そして振り返ることのない沓子の背中に向かって、大声で「沓子」と名前を叫んでしまう情けない彼も描かれています。

映画の中で「愛し合っていればいつか会えると信じていました」というようなセリフがあったかと思いますが、空港であんな別れ方をして、沓子は25年も彼からの愛を信じていたの?と疑問に思いました。
原作のような別れ方をしていたらわかるのですが…

と、かなり酷評をしてしまいましたが、原作を愛しすぎていない人が見たら、切ない気持ちになれるのかもしれないし、映像が美しくて、躍動感があるので、楽しめるのではないでしょうか…
私は、二人がトゥクトゥクに乗って、ふざけてキスをするシーンが好きです。

うーん…まだまだ話したいことはあります。
友達の皆さん、「見たよ」という人はご一報ください。
一杯飲みながら語りましょ!
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : お気楽な毎日 |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。