スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

同級生

私は小さい頃から練馬区育ち。
今、ちびが通っている小学校卒業ではないものの、5年生の娘の学年、たった80人の保護者の中に、中学の同級生が私を含め3人いる
そのうちの一人は、前からブログに書いている柴田くん。
彼は中2の時、席がずっと隣だったので、よく覚えていた。

もう一人、Sちゃん(男子)は、中学3年間一度も一緒のクラスになった事がなくて、はっきり言って私は名前を聞いても、写真を見ても思い出せない…というより、知らない子だった。
一学年300人以上いたこともあり、多分一度も話した事がなかったんだと思う。

が、何ヶ月か前に学校で、柴田くん経由で再会(?)を果たし(思わず「はじめまして」と挨拶した)、それ以来会うことはなかったが、今日の参観日で再び顔を合わせた

同級生」というものは、本当に特別だなぁ…って思う。
学生時代にしか作れないのだ。
学校に通っていない限り、いくら仲良くなっても「同級生」にはなれない。
だから、この前初めてしゃべったというのに、なんだか懐かしい人に会ったような気がして、廊下でキャッキャ!とためぐちで話す。
普通に子供の友達のお父さんだったら、6年間同じクラスでも、きっと敬語で話し続けるのに…

廊下で
「おー!元気?」
「何?休み?仕事サボったの?ダメじゃん!」
と、ずっと前からの知り合いのように話し始めると、そこに柴田くんが合流し、「昨日、Kに会ったよー!」と別の同級生の情報を話し始め、プチプチ同窓会だ。
そして大声で楽しそうに話す大人の隣に、それぞれの子供達がひょこひょことやって来て、ニコニコしながら話を聞いていたりするのだ。

家に帰ってきてから、娘が
「りさが大人になったときも、ママたちみたいに、あんな風に話したり、飲みにいったりできるのかなぁ…なんか楽しみ!」と言っていた。
そうだね…と言いながら、ちび達の学年がたった80人しかいないのか…と思う。
300人もいれば、こんな風に再会できる確率も高くなるけど…
「同級生」はやっぱり多いほうがいい
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。