スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

私だけ涙の歓送迎会

娘の小学校の歓送迎会があった。
毎年この時期に行われるが、直接お世話になった先生が学校を離れるということがなかったため、これまで出席した事はなかった。
しかし今年は、去年1年間担任をしてくださったK先生が異動されたので、初めて出席
子供達もみんな大好きだった先生で、母親たちも「卒業までK先生だといいね」などと言っていたので、沢山のお母さんが出席するのかと思っていたら、知っている人はほとんどいなくて、普段からPTAの中枢部で頑張っていらっしゃるお母さん中心だった。
最初は居場所がない感じがしたが、出てよかったなぁ…と思っている。


娘は本当にK先生の事が大好きだった。
楽しくて、優しくて、厳しくて、ちょっと不思議な独特な空気を持った先生。
毎日、学校から帰ってくると、今日どんな風に先生が面白かったか報告するほどで、クラス替えをして、その先生がほかの学年にとられてしまうのは絶対イヤだ!などと言っていた。

娘は私に似てぬけていて大雑把なので忘れ物が多い。
それは1年生の時から指摘され、親子で多少の努力はしてきたのだが、二人とも重症なので、なかなか治らない。
去年個人面談の時、また先生に言われるだろうな…と思っていたけれど、K先生は、こちらからきりだした忘れ物の話には「少しずつ減ってくればOKです」とだけ言い、あとの時間全部、娘のいいところをいっぱい褒めて下さった
娘自身も1年間沢山褒めてもらい、それは他の子供達も同じだったようだ。


今日は、会のはじめに、先生に花束を渡す係りを頼まれた。
10名以上の先生が転出され、頼まれたお母さんたちは、花束を持って先生方の前に行く。
皆、笑顔で「ありがとうございました」と形式どおりに渡しているのに、私は「本当に子供達みんな先生の事が大好きだったのに残念です」と、一人だけ涙が溢れてきてしまった

そして、その後もみんな母親同士でおしゃべりしていたのだが、私は先生の前に行くと涙ぐんでしまい、我ながら変な誤解をされるのでは…(先生は40歳男性)と思ってしまうほどだった。

3月1日のブログに書いた「二分の一成人式」の時のことや、その後の保護者会での先生の話も思い出してはジーンときてしまう。
また、先生自身、すっかり今年も娘の学年を担任するつもりでいらしたとのことで、それを聞くと「楽しい移動教室をK先生と行かせてあげたかったなぁ…」と、また残念で涙が出てきてしまった。
更に、勝手に娘の卒業式でK先生からの祝電が読まれるシーンを想像したり、挙句の果てには、もう、何が悲しいんだか分からなくなってきて、自分が小学生の時、大好きな担任の先生が転任したときのことまで、ごちゃごちゃになって浮かんできてしまい、ジーンとする気持ちはどんどん募り、一人でセンチメンタルになっていた。


親しいお母さんは誰も出席せず、ぽつんと一人でいる時間も長かった歓送迎会だったが、それでも、先生にしっかりご挨拶が出来たこと、本当に娘をはじめ、子供達が先生のことを大好きだったことを改めて伝えられたこと、本当に良かったなぁ…と思った。
先生、新しい学校でも頑張ってくださいね!
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。