スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>> web拍手
CATEGORY : スポンサー広告 |

きつねのでんわボックス

娘が幼稚園の頃「きつねのでんわボックス」という本を借りてきた。
あらすじも何も知らずに手にとったその本だったが、途中涙が溢れてきて文字がぼやけ、声も出なくなってしまった。

「山奥に暮らす母さんぎつねと子ぎつね。
母さんぎつねは子供を心から愛し、成長に目を細めていた。
しかし、子ぎつねは死んでしまう。
泣き暮らす母が、ある日ふもとで見つけた電話ボックスに、入院するお母さんと離れて暮らす男の子がやって来て、母さんぎつねはその姿にわが子を思い、次第に元気を取り戻していく」
というお話。

来週、娘の学校の読み聞かせで、私はこの本を読むことにした。
仕事柄、本の朗読は初見でもまずまずは読めるが、私は読み聞かせを頼まれると、暗記するほどに何度も練習をする。
この本も、これまでに何十回も読んだのだ。
しかし、問題がある。まだ一度も泣かずに読めた事がない。
母さんぎつねが、その電話ボックスで受話器を握り、「かあさん、まほうがつかえたのよ」「もうへいきよ」と子ぎつねを思いかたりかけるところや、古い電話ボックスがきつねの為に最後の力を振り絞って灯りをともすところなど、どうしても声が詰まってしまう。
多分この絵本は、子供よりお母さんが読むと、胸がきゅんとしてしまうように出来ているのだと思う。
教室で、一人涙して、子供達をきょとんとさせないよう、あと1週間飽きるまで読み続けよう…
スポンサーサイト
>> web拍手
CATEGORY : 未分類 |

最新記事


リンク

このブログをリンクに追加する


カテゴリ

お気楽な毎日 (289)
ボイスブログ (13)
携帯から (95)
未分類 (344)
我が家の姫「りさ」 (43)
お・し・ご・と (141)
ネコ(=^・^=)たち (34)
わんわん (30)
金魚 (10)
プチエッセイ (6)
私の大切な出会い (4)


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Mika

文化放送「ライオンズナイター」、テレビ埼玉「レッズ直前情報」、日本テレビ「ニュースプラスワン」、CM「パイロット Drグリップ」等に出演。 現在は川越ケーブルテレビ「まちかど情報局」で、落語家 古今亭志ん八さんと司会を担当。

みかねぇJCN

Author:みかねぇJCN
どうぞ ごゆるりとお過ごしください!


QRコード

QR


月別アーカイブ


Copyright © みかねぇのも~っとありのまま! All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。